il Quadrifoglio

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

33歳

2012/09/21 Fri

今日、僕の誕生日で33歳になりました。
朝からメールやメッセージがたくさん来たり、昼おごってもらったりしました。
皆さん本当にありがとうございます。

自分はというと普段と変わりなく靴を縫ってました。

IMG_3353_convert_20120921231358.jpg


でも、これらのメッセージが特別な日にしてくれたと思う。

シャコジもあるやろうけどやっぱりウレシいもんだ。
つぎからfacebookで誕生日の人見つけたらメッセージしようと決めました。
メッセージか無かったらメール下さい!返信します!


スポンサーサイト

Maestro in Giappone!

2011/10/11 Tue

先週末から月曜日まで私たちの師匠、Roberto Ugolini(ロベルト・ウゴリーニ)が
大阪の老舗テーラー、Coccinella(コチネッラ)さんでオーダー会を開いた。

o0480064311033764129_convert_20111011180456.jpg

このテーラーのオーナー中条さん。
この有名老舗テーラーのオーナーさんなのに、
僕のようなセミ部外者にもすごく優しく接してくれました。

IMG_0376_convert_20111011180340.jpg

今回、ロベルトが持ってきた見本靴。
なつかしい靴もいっぱいあって少しうれしくなりました。

この女の方は僕の姉弟子のYさん。
今回、ロベルトの通訳として間を仕切った、ツワモノです。

IMG_0377_convert_20111011180426.jpg

そして、僕らの師匠ロベルト・ウゴリーニと、
大大大兄弟子、いや、師匠と言っても過言ではない la Spigola の鈴木さん。

僕は靴をやり始めたときからずっとお世話になっている、
関西、いや、日本きっての靴職人です。

この日はこの4人と僕の計5人で焼肉にいきました。

IMG_0378_convert_20111011180444.jpg

ほんとの部外者の僕もお世話になって申し訳ありません…
ただ、こんなすごい集いに僕が参加させてもらえただけでも大変光栄です!

僕も師匠の名を傷つけぬよう、
皆さんの迷惑にならないよう精進して参ります。



て、文章固いなぁ…
崩したかったけど、今回はこれでヨロシコー。


F美&増床

2011/01/29 Sat

最近ほんとに寒い日が続きますね。
鼻水が止まりません。

今日、初めて『神戸ファッション美術館』に行った。
ここは靴学校の同窓生が働いている美術館。
六甲アイランドという人口の埋め立て地の中にある。

IMG_0618_convert_20110129005523.jpg

そしてその隣の『神戸ゆかりの美術館』では、
フィレンツェで出逢ったユリちゃんが働いている。
なんとも縁のアル場所だ。

今回は顔を見せに来ただけ。
挨拶を済ますとそそくさと工房へ…

理由は僕らの帰国の為に手狭になった工房の床を増やす為。

5年前に改装した時、見栄えの良さと採光の為に作った『吹き抜け』。
見栄えは良かったが、採光の加減はいまいちだった。
ともかく、背に腹は代えられぬわけで…

IMG_0621_convert_20110129005612.jpg

というわけで、吹き抜けを埋めたった!
(今のところ、作業は村井氏オンリー)

IMG_0628_convert_20110129005630.jpg

土台完成。(今のところ、作業は村井氏のみ)
これからそこに積んでる木に色を塗って、敷き詰めていきます。
フローリングというやつですね。

工房の皆さん、本当にありがとうございます。
僕らの為だけに。という訳ではないでしょうが、
有り難く使わして頂きます。



ある晴れた日

2010/10/24 Sun

日本に発つ前日、Firenzeをすこし散歩した。
特に、コレといってみたいモノはもう無いが、
もう一度、この街を見て歩きたかった。

IMG_2771_convert_20101024042409.jpg

住んでると、発見する事は多い。
嫌な部分も目につく。。。

IMG_2773_convert_20101024042426.jpg

住んでしまうと、見落とす事も多い。
今でも時折、眼を開けた瞬間、ゾクゾクすることがある。

IMG_2775_convert_20101024042446.jpg

はじめはどの建物も、どの教会も同じに見えた。
今でも建物は同じように見えるが、
教会には特徴がしっかりとあるように見える。

IMG_1077_convert_20101024083208.jpg

この街のDuomoは本当にすばらしい。
そう思えるようになった僕もすばらしい変化。

IMG_0542_convert_20101024083138.jpg

こんな美しい街に住んだ事は自分にプラスになっただろう。
こんな僕に芸術への興味をも湧かせたのだから。

僕の住んだこの街は、
何も無くてもカメラを持ち歩かせ、
普段と変わらなくてもシャッターを切らせる。

ある晴れた日は、キレイな思い出の日になる。

象眼細工

2010/10/23 Sat

仲良くしてもらってたTAKA氏が仕事している工房へ。
帰る前に見学して来た。

IMG_2715_convert_20101023184734.jpg

彼は"象眼細工"なる物をやっている。
全く知識のなかった僕は、何の事かサッパリ…。
でも、話を聞いたり、実際見てみて驚愕した。

IMG_1916_convert_20101023184655.jpg

IMG_1915_convert_20101023184626.jpg

木片をパズルのように組み合わせ、絵を完成させる。
小さいパーツは米粒以下にもなるという。
おそらくスゴい集中力と忍耐が必要だろう。

しかし周りを見渡してみると、至る所に存在している。
家具、木箱、バイオリンなどの装飾として。
確かに自分自身、イタリアにいるという事もあるが。。。

IMG_2714_convert_20101023184716.jpg

そして、この師匠さんも有名な方らしい。
寡黙で黙々と仕事をするさまはイタリア人らしくない。
息子も親を継いで仕事を覚えているようだ。
見た目はサント・スピリト族だが、すこぶる真面目。

TAKA氏は現在11月に名古屋でするイベントに向けて製作中。
その上、修復もやっていた。

IMG_2717_convert_20101023184801.jpg

彼の努力は目に見えるようにスゴい。
彼を見て、何度やる気を起こしただろう。
そうゆう人種の1人だと思う。

彼のブログのアドレス
http://lpbytaka.exblog.jp/
是非、訪れてみて下さい。

プロフィール

il Quadrifoglio

Author:il Quadrifoglio
il Qudrifoglio
(イル クアドリフォーリオ)の 
a.Qnai(久内淳史)と
yucca(久内夕夏)…
イタリアはフィレンツェでの
靴と革小物の修行、
様々な人々との巡り会い、
そして結婚…
気ままな生活を目指して、
あらゆる道を模索中。
そして次のステップを踏むため、
日本帰国へ…
€0からの2人の出発!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。