il Quadrifoglio

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアニスタ

2010/10/22 Fri

21日に完全帰国しました。
イタリア修行生活はこれにて終了。
これからは日本で次の階段にのぼります。

が、その前に、イタリアの日記をボツボツと…。
帰国して、パソコンコードも購入し、
自分のMacがやっと復活です!!

まずは緑(りょく)ちゃん。
この方は私たちと同じ年のピアニスタ。
梶原家にお世話になってる間、より仲良くなれました。
梶原家とはご近所付き合いで、キレイで清楚な感じの方。

と、思いきや、喋ってみると気さくで明るい感じ。
印象よりずっと親しみやすい人でした。

彼女は練習を家以外でもしてると聞いて、訪れてみました。

IMG_2737_convert_20101022113413.jpg

IMG_2749_convert_20101022113430.jpg

IMG_2750_convert_20101022113503.jpg

聞いてはいたけど、想像以上!
その練習してる場所は学校の関係施設らしいが、美術館のよう…。
200年くらい前のピアノが15台くらい展示してある。
中にはシンバルと太鼓が同時になるペダルが付いているものもあった!!
"Don't touch"と書いてはいるものの、
緑ちゃんは「私は許してもらってるから」と、聴かせてくれた!

IMG_2756_convert_20101022113539.jpg

現代のピアノとは音が全然違う!
今のより軽いというか、籠ってるというか…
木の音がするようだった。
モーツァルトもこんなピアノを弾いていたんだろうなぁ。
と、緑さんが言っていた。

IMG_2752_convert_20101022113519.jpg

IMG_2757_convert_20101022113609.jpg

音楽家達にとって、この環境で練習できるのはきっとスゴい事だと思う。
僕もこっちで靴を作っていて、技術だけじゃないと思うようになった。
やっぱりヨーロッパの歴史は深く重い。

200年経ったピアノも600年経つこの街も古いがさびれていない。
音楽も靴も、クラシックを語る上で、ヨーロッパは抜かせない。
こちらで生まれたものというのももちろんだが、
こっちの空気、生活、太陽、言葉などを感じない事には
その本質や理由は理解しがたいだろう。

緑さん本当にありがとう!
演奏はもちろんすばらしかったですが、そのピアノや音の説明、
中のピアノ修復所の案内まで、本当に感動しました。

そして、自分のやってる事にも反映されると思う。
日本では獲得できないモノの1つだろう。
こうゆう経験があるたび、
モノや人との出会いの貴重さに感動し、
その偶然に感謝をしたくなる。


スポンサーサイト

コメント

Secret

お疲れ様です☆

長旅、本当に大変だったみたいだね。。。
でも無事に日本に帰国できた様で安心しました!
日本での新たな出発を遠くから応援しています。
お互い、頑張ろうね~♪

p.s. 小さな訂正ありがとう!!

Re: お疲れ様です☆

ありがとう!!
僕らもコッチから緑ちゃんの活躍見守ってます。
帰って来たら連絡してなー!
プロフィール

il Quadrifoglio

Author:il Quadrifoglio
il Qudrifoglio
(イル クアドリフォーリオ)の 
a.Qnai(久内淳史)と
yucca(久内夕夏)…
イタリアはフィレンツェでの
靴と革小物の修行、
様々な人々との巡り会い、
そして結婚…
気ままな生活を目指して、
あらゆる道を模索中。
そして次のステップを踏むため、
日本帰国へ…
€0からの2人の出発!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。